均質な集団における弱者の対処 – 「聲の形」を読んで

漫画「聲の形」(大今良時)を読んだ。
まぁ、色々だが感想としては、「小学生時代の主人公(石田)の行動は誤っていない」というものだ。
これに関して以前、自分が見た体験と合わせて私的に作成したレポートを補強する形で説明したい。

“均質な集団における弱者の対処 – 「聲の形」を読んで”の続きを読む